基本書・予備校本 個人的まとめ

法律を学習していく過程で使った基本書や予備校本についての感想を主観に基づいて書いています

デイリー六法 2017 平成29年度版

デイリー六法2017 平成29年版

デイリー六法2017 平成29年版

 

学習用六法は学部時代から『デイリー六法』(三省堂)を愛用しています

通っていた大学の大学生協では20名以上で1冊ずつ購入すると10%割引という特典があり、入学した1年目だけ『ポケット六法』(有斐閣)を購入しましたが、2年目以降はずっと『デイリー六法』です

 

特徴

  • 収録法令件数 240件
  • 刑事訴訟法大改正は主要部分を新旧併載で収録
  • 別冊付録に民法(債権法)改正案織り込み済み全条文集
  • インデックスシート付

三省堂|六法・法律書|デイリー六法 2017 平成29年版

 

長所

  • 本の角が丸いので箱にしまうときにページの角が折れにくい
  • 表紙見開きにある法令索引と巻末索引が便利
  • 編集者注があるので他の法令の参照がしやすい

基本法令の条文中において、他の条文が引用されている等で必要と考えた場合、編者注として、〔 〕によりその内容を示したものがあります。

  • 巻末に各種統計等が載っている付録があり、何かと勉強になる

短所

  • 表紙の紙が固く、本文の紙は薄め(ポケット六法との比較)
  • なので、一番前にある「日本国憲法」を開いて手を離すと六法がパタンと閉じてしまう
  • 紙が薄いので若干ページめくりがしにくいと感じることがある

最後に

 公務員試験受験時は『公務員試験六法』(三省堂)が定番で愛用していたのですが、世の行政書士試験受験生は受験用の判例付き六法を使っているんだろうか

 六法は判例のあるなし、装丁、紙質、フォントで好みが分かれるものだと思うので、お好みの六法を選ぶといいと思います

 判例付き六法は友達から譲ってもらった『判例六法Professional 平成29年版』(有斐閣)を持っていますが、あんまり使っていません

 スマホタブレット電子書籍版の『模範小六法2017 平成29年版』(三省堂)を入れているので、必要な時はそちらを参照することのほうが多いかも