基本書・予備校本 個人的まとめ

法律を学習していく過程で使った基本書や予備校本についての感想を主観に基づいて書いています

民法総則(伊藤塾 呉明植基礎本シリーズ4)

 

民法総則 (伊藤塾呉明植基礎本シリーズ 4)

民法総則 (伊藤塾呉明植基礎本シリーズ 4)

 

 ひとつ前のエントリーで取り上げた本に足りない部分を付けたし、正確でない部分を書き換えるために使用している本のひとつがこちらになります

 司法試験向けのいわゆる予備校本ですが、必要なエッセンスがまとまっていて非常にわかりやすい本です

 

特徴

  • 判例・通説の立場で書かれている
  • 各種試験対策として必要となる論点が網羅されている
  • 冗長になりすぎない解説とわかりにくい個所はかみくだいた記述で理解しやすい
  • 重要度に応じて5段階でランク分けされている

   民法総則 | 弘文堂

 

長所

  • 記述、表現にあいまいな部分が少なく正確だと感じられる
  • 重要な事案やイメージを持ちにくい事例について図を用いて解説されている
  • 巻末に事項索引と判例索引がある
  • 「第1編 民法入門」に親族・相続を除く民法の全体像が約40ページにわたり概説されている
  • そのページは親族・相続を除く民法の最重要部分のみを抽出していて、しかもわかりやすい

短所

  • 少なくない誤植(弘文堂 訂正表・補遺 pdf
  • 概ねわかりやすいが、わかりにくい表現で書かれている箇所もわずかだがある
  • ランク分けが司法試験基準であるので、その他資格試験にもそのランクが対応しているかと言われたらちょっと怪しい
  • 民法は総則、物権のみ出版されており、債権分野の出版がない

最後に

 一度民法を勉強をしたことがある中級者向けだと思いますが、民法入門として総則から債権までの概説があり初学者にも配慮されています

 学部試験対策や各種試験対策にも使える良書だと思います